このブログは方位術の観点から事件事故、話題の有名人を読み解くブログです

./span>

【毎日更新】現在地目撃情報!尾畠春夫さん今どこへ!徒歩旅1320キロの道のり

f:id:GLT:20190101021827p:plain 尾畠さん 近況更新

尾畠さんはTVの取材に対し「車は左側、人は右側」と道路の右側を歩くよう心掛けていると話していました。探しにいかれる方はそちらに注目するといいかもしれません。

尾畠春夫さん 東京から大分1320キロを徒歩で帰宅! 

2019年1月18日、スーパーボランティア尾畠春夫さんが東京都練馬区立貫井中学校で約50分間講演。ボランティア教育に力を入れる校長が100回ほどの交渉を重ねた末、その熱意に打たれて実現の運びとなりました。

驚くのは講演後の行動。なんと東京から大分までの約1320キロを野宿しながら徒歩で帰宅するというのです。

2019年1月18日は都内に宿泊。19日から大分の自宅に向け出発しました。

尾畠春夫さんとは

  • 尾畠春夫 尾畑春雄 小畠春男 小畑晴夫 尾鼻春生 尾幡晴男
  • おばたはるお
  • 1939年10月12日生まれ 79歳 (ボクシング連盟元会長山根明氏と同じ生年月日)
  • 大分県日出町在住
  • 元鮮魚店経営のボランティア活動家
  • 妻とは別居中。子供2人、孫5人。
  • 2018年8月、山口県周防大島で行方不明の男児を救出したことから全国的に有名になる
  • 2012年大分県「ごみゼロおおいた作戦功労賞」受賞
  • 2014年環境省「平成26年度地域環境美化功績者表彰」受賞
  • 2018年日出町「功労者表彰」受賞
  • 2018年大分県「功労者表彰」受賞
  • 2018年「ユーキャン新語流行語大賞」(スーパーボランティア)受賞辞退
  • 2019年「大分合同新聞社賞」受賞

毎日更新!「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」その軌跡

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」と銘打たれたこの旅の途中、SNSには尾畠さんと遭遇した人々の目撃談が続々と投稿され、その様子が連日報道されるなど大きな話題となりました。

当初30日間の予定だった旅は、尾畠さんを歓迎する沿道の人々との交流により歩みが遅れ、遂にはパトカーが出動する事態に。事故につながることを危惧した尾畠さんは、2/23に浜松市で目撃されたのを最後に志半ばで旅を断念。娘さん夫妻の車で大分県のご自宅へと帰宅されました。

  • 期間:2019年1月19日(土)~2月23日(土)
  • 日数:36日間
  • 歩いた距離:274km
  • 歩いた市区町村数:1区18市4町
  • 東京都大田区
  • 神奈川県川崎市、横浜市、大和市、座間市、海老名市、厚木市、伊勢原市、秦野市、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町(10市町)
  • 静岡県駿東郡小山町、御殿場市、裾野市、駿東郡長泉町、沼津市、 富士市、静岡市藤枝市、島田市、掛川市、袋井市、浜松市(12市町)

 (経由地をもとに出された自動ルートのため、実際の軌跡とは異なる場合があります)

 カートからリヤカーへの変遷

出発時は黄色いメッシュのカートを引いていた尾畠さん。1月20日の朝日テント前までは荷物も比較的コンパクトです。カートの取っ手が短く引っ張りづらそうです。

 

21日になると竹で取っ手を伸ばし引っ張りやすく改良されています。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 

尾畠春夫さんに出会いました! とてもオーラある温かい方でした。 #一期一会 #尾畠はるおさん #スーパーボランティア #大分

eikoさん(@laguilaku.hengshan)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram
 
 

スーパーボランティア 厚木に、見参! #スーパーボランティア

Hidehiko Haraさん(@1955feb28)がシェアした投稿 -

 

1月24日には「㈱アースロック」の社名入り手押し車が登場。この一輪車を提供してくれた方と関係の深い幼稚園も訪問しました。

 

この一輪車もすぐに差し入れがあふれるようになり、1月27日の朝からはリヤカーを引く姿が見られるようになりました。このリヤカーは掛川で作られたもので、途中故障した際には製造した方の娘さんが部品を持って尾畠さんを訪ねてきました。2度目に故障した際には1日動けず大井川に2泊しています。確認できている限り4回はヤマト運輸に立ち寄り、少しずつ荷物を発送していたようです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

Junさん(@jun_lb45)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

のりすけさん(@nonko.happy)がシェアした投稿 -

 

 

 

ページトップにもどる

 

1日目~12日目 神奈川県

神奈川県の歩き旅を詳しくみる

  • 1日目  1月19日(土) 梅屋敷~横浜市神奈川区
  • 2日目  1月20日(日) 横浜市保土ヶ谷区~旭区
  • 3日目  1月21日(月) 大和・座間・海老名・厚木
  • 4日目  1月22日(火) 厚木
  • 5日目  1月23日(水) 厚木~伊勢原(愛甲石田)
  • 6日目  1月24日(木) 伊勢原
  • 7日目  1月25日(金) 伊勢原
  • 8日目  1月26日(土) 伊勢原
  • 9日目  1月27日(日) 伊勢原~秦野
  • 10日目 1月28日(月) 秦野~山北町 
  • 11日目 1月29日(火) 山北町
  • 12日目 1月30日(木) 山北町~静岡県小山町

12日目~24日目 静岡県前半

静岡前半の歩き旅を詳しくみる

  • 12日目 1月30日(木) 山北町~静岡県小山町
  • 13日目 1月31日(木) 小山町
  • 14日目 2月1日(金) 小山町
  • 15日目 2月2日(土) 小山~御殿場
  • 16日目 2月3日(日) 御殿場市
  • 17日目 2月4日(月) 御殿場~裾野市
  • 18日目 2月5日(火) 裾野・長泉町・沼津
  • 19日目 2月6日(水) 沼津市
  • 20日目 2月7日(木) 沼津~富士市
  • 21日目 2月8日(金) 富士市
  • 22日目 2月9日(土) 富士~清水区
  • 23日目 2月10日(日) 静岡市清水区
  • 24日目 2月11日(祝) 静岡市清水区

25日目~36日目 静岡県後半

静岡の歩き旅後半は別ページに移動しました。

静岡後半の歩き旅を詳しくみる

  • 25日目 2月12日(火) 静岡市清水区
  • 26日目 2月13日(水) 静岡市清水区
  • 27日目 2月14日(木) 駿河区~葵区
  • 28日目 2月15日(金) 葵区~藤枝市
  • 29日目 2月16日(土) 藤枝市岡部
  • 30日目 2月17日(日) 岡部~島田市
  • 31日目 2月18日(月) 島田市
  • 32日目 2月19日(火) 島田市
  • 33日目 2月20日(水) 島田~掛川
  • 34日目 2月21日(木) 掛川~袋井
  • 35日目 2月22日(金) 袋井~浜松
  • 36日目 2月23日(土) 浜松市 

2月24日(日) ~大分へ帰宅

突然の大分帰宅や帰宅時の報道については別ページに移動しました。

静岡後半の歩き旅を詳しくみる

  • 2月24日(日) 大分へ帰宅中
  • 2月25日(月) 大分に到着
  • 2月26日(火) 徒歩帰宅断念報道

 

 

 

ページトップにもどる

 

尾畠さん最新情報

沖縄に2~3ヶ月滞在し遺骨収集という話もありましたが、沖縄での目撃情報は出ていません。現在は地元大分で由布岳整備を中心に活動しているようです。

2019年6月

尾畠さんの大ファンという別府大学に通う久門健太さんから絵を贈呈されました。

2019年5月

フライデーに尾畠さんの記事が掲載されました。徒歩旅以降の近況が語られています。

 

5月11日の由布岳山開きでは、手づくりの竹製の杖300本を登山者に配りました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

大分県の由布岳(1583メートル)の山開き祭が12日朝、別府市の登山口であった。20年以上、登山道整備やごみ拾いなどを続けている尾畠春夫さん(79)=同県日出町=が今年も訪れ、手製の竹杖300本を登山者に配った。尾畠さんは昨夏、山口県で不明男児を発見し、「スーパーボランティア」として時の人に。子どもを肩車するなどをして、時間の許す限り記念撮影に応じていた。 Photo寿柳聡 #大分 #由布岳 #山 #山開き #山開き祭 #登山 #尾畠春夫さん #スーパーボランティア #mountain #ボランティア #volunteer #朝日新聞 #asahi #oita #大分写真部 #supervolunteer #obataharuo #記念撮影 #肩車

朝日新聞さん(@asahi_shimbun)がシェアした投稿 -

 

5月19日は別府市の朝見1丁目2区自治会で土嚢づくりを伝授しました

 

小柳ルミ子さんも尾畠さんに感銘を受けたようです。

 

5月29日は大分大学で災害ボランティア講習会

 

2019年4月

中津市で目撃

 

別府温泉鶴乃湯で目撃

 

由布岳で目撃情報多数

 

2019年3月

3月16日(土) ~17日(日) 広島県呉市へ

3月25日週から沖縄に2~3ヶ月滞在とありますが取り止めたようです。

 

3月20日大分合同新聞社賞受賞

2019年3月20日(木)、大分市のレンブラントホテル大分で大分合同新聞社賞の表彰式があり尾畠さんが賞状贈られました。この賞は様々な分野で功績のあった人や団体に贈られるということです。

 

3月31日由布岳で目撃

 

沖縄の遺骨収集事情

現在発見されている戦没者の遺骨の発掘場所はほぼ糸満市に集中しているようです。尾畠さんも沖縄に滞在する際は糸満市を中心に活動されるかもしれません。

九州と沖縄を結ぶ船はいずれも鹿児島から出航するマルエーフェリーマリックスラインの2種類で所要時間は25時間です。ほぼ毎日のように運航されている模様です。

 

 

 

ページトップにもどる

 

ニセ尾畠さん出現?

尾畠さんと同じく大分県で活動する、新尾畠さんこと萱嶋仁侠さんも話題になっています。萱嶋さんは元自衛官でマジックや変面ショーなどの芸事のボランティアで被災地などを元気付けています。

尾畠さん自身も萱嶋さんの写真を見て自分と見間違えるほどの公認のそっくりさんです。

 

←前へ 1 2 3 4 5 次へ

ページトップにもどる