このブログは方位術の観点から事件事故、話題の有名人を読み解くブログです

./span>

竹田恒和氏訴追!疑惑のブラックタイディング社はボロアパート?

竹田恆和氏フランスから訴追へ!

2019年1月11日(金)、フランスの捜査当局は贈収賄疑惑でJOC(Japanese Olympic Committee日本オリンピック委員会)竹田恆和会長の訴追手続きに入ったと報じられました。

https://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/658/0029281338.jpg

招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社ブラックタイディング(Black Tidings)社に支払った2億2000万円余りのコンサルタント料が、2020年東京五輪・パラリンピック招致の際、票の買収の賄賂に使われた疑いがあるとしています。

この問題は2016年頃からくすぶっていましたが、カルロスゴーン氏が起訴・再逮捕された2018年12月10日、フランス捜査当局はにJOCの竹田会長から事情聴取。

国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員会も1月11日、テレビ会議で竹田会長に事情を聴いたということです。

記者会見は1月15日午前11時から代々木体育館のすぐ隣にある岸記念体育館で行われ、7分ほどで終了。質疑応答の時間はなく記者たちからは厳しい声が飛び交い、会場は紛糾しました。

ブラックタイディング Black Tidings 社とは

渦中のブラックタイディング社(既に解散)の所在地は、シンガポールの国立競技場近くにある公営集合住宅の一室となっています。目の前には茶色い運河が流れ、廊下にはビーチサンダルや空のペットボトルが無造作に置かれて生活感いっぱい。華々しいオリンピック関係のビジネスを行っているようには思えない立地と建築物です。

https://www.straitstimes.com/sites/default/files/styles/article_pictrure_780x520_/public/articles/2016/05/22/ST_20160522_SYATH22_2309080.jpg?itok=gsOKOVJC&timestamp=1463851535

Straitstimesより

代表タン・トン・ハン Tan Tong Han 氏の顔写真

代表を務めていたタン・トン・ハン Tan Tong Han 氏(36)は、2019年1月16日同国汚職捜査局に虚偽の説明をしたとしてシンガポール地裁に禁錮1週間の有罪判決を言い渡されました。2月20日から収監される予定ということです。

タントンハン氏は元IOC委員ラミン・ディアクLamine Diack氏の息子パパマッサタ・ディアクPapa Massata Diack氏の親友。

JOCからの支払いのうち約4400万円がディアク親子側に渡ったと疑われているほか、パパマッサタ氏がパリで購入した高級時計の代金約100万円を支払ったともいわれています。

https://www.straitstimes.com/sites/default/files/st_20160522_syath224nsc_2309329.jpg

タン氏 Straitstimesより

パパマッサタ・ディアク氏はICPO国際刑事警察機構から国際手配されていて、現在はセネガルに潜伏中と見られています。

タン氏とパパマッサタ氏は2008年の北京オリンピックで出会ったといい、2014年に誕生したタン氏の息子をマッサタMassataと名付けたほど深い関係だったようです。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRmwdSQtPB8vMzCOR6tbb-DIVMdJ-Q1P3v9-X1trLir8J8lGog0

パパマッサタ・ディアク氏 The Independentより

竹田恒和氏の家族は?

竹田恒和氏は旧皇族・竹田宮恒徳王の三男。竹田宮家は恒和氏出生の直前に皇籍を離脱しました。

最初の妻は小平市の精神科を中心とした松見病院 (現・医療法人晴生会やさか記念病院)の次女昌子氏。竹田恒泰氏とその弟(TBS勤務)、妹の母親で、後に離婚しています。

現在の妻は寿々子氏だということです。

息子竹田恒泰氏の反応

長男の竹田恒泰氏はツイッターで自身の見解をこのように述べています。

竹田恒和氏の方位をチェック

竹田恒和氏は1月19日にスイス・ローザンヌで開かれる国際オリンピック委員会IOCマーケティング委員会の会議を欠席する予定です。

念のためスイスの方位をチェックしてみたいと思います。

  • 竹田恒和氏は1947年11月1日生まれの八白土星
  • 東京から見たスイスの方位は北西
  • 八白土星にとって北西は本命的殺の大凶方位
  • 1月の北西はマイルドな凶方位

竹田氏がもしもスイスの会議に出席していた場合、精神的に大ダメージのある本命的殺の方位に出かけるところでした。非常に厳しい状況に追い込まれ、かなりの打撃が予想されるスイス行きだったため、今回出席を見合わせたのは正しい選択だったといえるでしょう。

実際にスイスのジュネーヴ国際空港はフランスとの国境近くにあり、その敷地はスイスフランス両国にまたがっているため、最悪の場合空港で身柄を拘束される恐れもありました。

北西は2018年2月から大凶方位に当たっていたため、IOC委員として、もしこの1年に何度かヨーロッパに足を運んでいたとしたら、その度に大凶方位のダメージを受けていたと考えられます。

しかし、2019年2月からの一年間は八白土星にとって北西は大吉方位にあたります。ヨーロッパに積極的に出掛けることで竹田氏にとって良い状況に転ぶことが考えられます。もし実際に収賄が行われていた場合にはそれなりの罰を受けることは免れないかもしれませんが、それすらも糧にすることができると考えられます。

竹田恒和氏方位データ
本命星:八白土星

東京都⇒スイス
年の方位:凶度★★★★★★
月の方位:凶度★
合計凶度:7★★★★★★★
 
星の数は影響度を数値化した星の数は開運旅行社独自のアルゴリズムにより採点したものです
 

この一件は2020年の東京オリンピックに影響があるのでしょうか?今後も事態の推移を見守っていきたいと思います。

ページトップにもどる