このブログは方位術の観点から事件事故、話題の有名人を読み解くブログです

./span>

【2019】五黄殺 南西で起きたニュース

方位術とは

『良い方角に行って遊んで帰ってくるだけ』で簡単に運気を高められる開運法

反対に『自分にとって悪い方角』に行けば運気が下がると考えられています

 

2019年の大凶方位の一つである五黄殺の方位・南西では、今年も様々なニュースがおきています。

米朝首脳会談 ベトナムハノイ

2月27日にはベトナムハノイで米朝首脳会談が開催されました。北朝鮮から見てハノイは西南。満足いく結果を出せなかった金委員長は帰国後さっそくミサイルをちらつかせたり、日本へ八つ当たりの罵詈雑言を吐くなど、運の悪い人が取りがちな行動をしているようです。今後どのような影響が出てくるのでしょうか。

クルーズ船から転落 ベトナムハロン湾

首脳会談から数日後の3月4日には、北朝鮮代表団の一行も観光した世界遺産ハロン湾で、日本人男性が亡くなる悲しい事故が起こりました。

死亡したのは1954年6月生まれのミツヤス・マサヒロさん65歳。観光ツアーに参加し日本人11人ツアーガイド1人とともに、遊覧船でのハロン湾クルーズを終え、3月3日15時頃トゥアンチャウ国際港に帰港。ハノイ市に向かうバスを待つ間、階段から海に転落しました。港のスタッフが海に飛び込んで救出しバイチャイ総合病院に救急搬送しましたが、到着前に死亡したことが確認されたといいます。

タクシー運転手強盗殺人 カンボジアシェムリアップ

3月17日には日本人旅行者2人が南西カンボジアでタクシーの運転手を殺して車を奪う凶悪犯罪が発生。運の悪い人は凶方位に引き寄せられるもの。心と体が悪い運で満ち凶悪犯罪に手を染めた2人は、これから劣悪なカンボジアの刑務所で長い時間を過ごすことになりそうです。

今年、南西への旅行・引越しにはくれぐれもご注意ください。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

GLTさん(@good_luck_travel)がシェアした投稿 -

 

 

ページトップにもどる